スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

佐備神社(富田林市) ・天太玉命と多くの神様を祀る式内社

最近の投稿

丹上菅原神社(堺市美原区) ・菅原道真公を祀る旧丹上村の氏神様

丹上菅原神社2020年4月訪問 丹上菅原神社(たんじょうすがわらじんじゃ)は大阪府堺市美原区丹上にある神社です。現在では、多くの車が行き交う美原ロータリーや美原ジャンクションといった交通の要衝の近くにありながら、普段は地元の人々しか通らないような静かな住宅地の中に鎮座しています。

一方で、かつての丹南藩の陣屋跡や黒姫山古墳、式内社の櫟本神社丹比神社といった歴史的なスポットも1km前後の距離にあります。

歴史と概要丹上菅原神社には由緒書きや説明板も見当たらず、正確な創建年は不明です。現在の鎮座地の住所は堺市美原区丹上ですが、明治時代までは河内国丹南郡丹上村だったため、当記事では美原区に今も数社ある菅原神社と区別するため「丹上菅原神社」としています。ちなみに、旧丹上村から2kmほど北北東南には旧丹下村がありました(現羽曳野市恵我之荘。日吉神社があります)。
御祭神については、菅原神社であることから菅原道真公、つまり天神様です。郷土史や大正時代に刊行された「大阪府全誌」にも他の御祭神の記載はありません。
当社の鎮座地周辺はもともと河内国丹比郡に属しており、平安時代中期の承平年間(931年~938年)の源順(みなもとのしたごう)によって記された「和名類聚抄」の中に河内国丹比郡丹上郷とあります。平安時代の後期に丹比郡は丹北郡と丹南郡に分かれ、さらに丹北郡から八上郡が分けられ、この辺りは丹南郡に属することになり明治の初めまで河内国丹南郡丹上村と呼ばれていました。
明治22年(1889年)に丹南郡の丹南村、丹上村、真福寺村、大保村、今井村が合併し、改めて丹南郡丹南村が発足。明治29年(1896年)には所属郡が南河内郡となりました。当時の菅原神社鎮座地は南河内郡丹南村大字丹上字西山となっています。昭和31年(1956年)、丹南村は黒山村、平尾村と合併して南河内郡美原町となりますが、翌年に美原町大字丹南が松原市に編入されました。美原町は平成17年(2005年)に堺市に編入され堺市美原区となり現在に至ります。

明治時代の地図を見ると、今とほぼ同じ場所に鳥居のマークがあることから当社は丹上の産土神だったと思われますが、当時は丹上集落の西の外れの田畑の中にある神社だったようです。
明治時代に入ると旧社各制度で村社に列格しましたが、明治40年(1907年)11月23日に隣村である真福寺の式内社、櫟本神社…

深居神社(松原市) ・平野区南東部から藤井寺市北西部にかけてのかつての総産土神

深居神社2020年7月訪問 深居神社(ふかいじんじゃ)は大阪府松原市小川にある神社です。現在は大和川の南、グラウンドの隣にある小さな神社という印象ですが、かつては大和川の北側にまで及ぶ広範囲の土地の総産土神だったという歴史を持つ神社でもあります。

鎮座地は4つの高速道路をつなぐ松原ジャンクションのすぐそばにあり、中央環状などの交通量の多い道路も近くを走っていますが、神社周辺は静かな環境となっています。

歴史と概要境内に掲げられた由緒記などによると、深居神社は奈良時代の養老元年(717年)の創建と伝えられ、御祭神は第15代応神天皇である品陀別命(ほんだわけのみこと)が祀られています。通常は立入禁止となっている本殿の周辺は、古墳の墳丘を思わせるマウンドとなっているようで、昭和10年(1935年)には境内からも2つの須恵器が見つかっていることから、深居神社は古墳時代にこの小川に地に影響力を持った有力者の古墳上(跡)に建てられたとも考えられています。
深居神社があるのはかつての河内国丹北郡小川村で、鎮座地はその集落の北西に位置しています。小川村は明治22年(1889年)に丹北郡大堀村、別所村、一津屋村、若林村と合併して恵我村となり、明治29年(1896年)には所属郡が中河内郡に変更。当時の深居神社の住所は中河内郡恵我村大字小川字馬場脇となっています。昭和30年(1955年)になると恵我村は松原町、天美町、布忍村、三宅村と合併して松原市が発足しますが、昭和39年(1964年)にかつての若林の村域の内、大和川右岸の北若林地区が八尾市に編入(現八尾市若林町)され現在に至ります。
現在は小川地区の産土神として祀られている深居神社ですが、かつては小川だけでなく、川邊(現大阪市平野区長吉川辺)、若林(現松原市若林)、大堀(現松原市大堀)、津堂(現藤井寺市津堂)まで含めた広範な地域の総産土神でした。しかし、元弘から建武にかけて(1331年~1335年頃)の兵乱により深居神社は衰微し、各村に分祀されたようで、それ以降は小川村一村の産土神となりました。深居神社より分祀された川邊村の川辺八幡神社、若林村の若林神社、大堀村の大堀八幡神社、津堂村の津堂八幡神社の御祭神も同じ品陀別命が祀られています(川辺八幡神社は石清水八幡宮、津堂八幡神社は誉田八幡宮の分霊を勧請したとする説も)。