スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

丹上菅原神社(堺市美原区) ・菅原道真公を祀る旧丹上村の氏神様

最近の投稿

深居神社(松原市) ・平野区南東部から藤井寺市北西部にかけてのかつての総産土神

深居神社2020年7月訪問 深居神社(ふかいじんじゃ)は大阪府松原市小川にある神社です。現在は大和川の南、グラウンドの隣にある小さな神社という印象ですが、かつては大和川の北側にまで及ぶ広範囲の土地の総産土神だったという歴史を持つ神社でもあります。

鎮座地は4つの高速道路をつなぐ松原ジャンクションのすぐそばにあり、中央環状などの交通量の多い道路も近くを走っていますが、神社周辺は静かな環境となっています。

歴史と概要境内に掲げられた由緒記などによると、深居神社は奈良時代の養老元年(717年)の創建と伝えられ、御祭神は第15代応神天皇である品陀別命(ほんだわけのみこと)が祀られています。通常は立入禁止となっている本殿の周辺は、古墳の墳丘を思わせるマウンドとなっているようで、昭和10年(1935年)には境内からも2つの須恵器が見つかっていることから、深居神社は古墳時代にこの小川に地に影響力を持った有力者の古墳上(跡)に建てられたとも考えられています。
深居神社があるのはかつての河内国丹北郡小川村で、鎮座地はその集落の北西に位置しています。小川村は明治22年(1889年)に丹北郡大堀村、別所村、一津屋村、若林村と合併して恵我村となり、明治29年(1896年)には所属郡が中河内郡に変更。当時の深居神社の住所は中河内郡恵我村大字小川字馬場脇となっています。昭和30年(1955年)になると恵我村は松原町、天美町、布忍村、三宅村と合併して松原市が発足しますが、昭和39年(1964年)にかつての若林の村域の内、大和川右岸の北若林地区が八尾市に編入(現八尾市若林町)され現在に至ります。
現在は小川地区の産土神として祀られている深居神社ですが、かつては小川だけでなく、川邊(現大阪市平野区長吉川辺)、若林(現松原市若林)、大堀(現松原市大堀)、津堂(現藤井寺市津堂)まで含めた広範な地域の総産土神でした。しかし、元弘から建武にかけて(1331年~1335年頃)の兵乱により深居神社は衰微し、各村に分祀されたようで、それ以降は小川村一村の産土神となりました。深居神社より分祀された川邊村の川辺八幡神社、若林村の若林神社、大堀村の大堀八幡神社、津堂村の津堂八幡神社の御祭神も同じ品陀別命が祀られています(川辺八幡神社は石清水八幡宮、津堂八幡神社は誉田八幡宮の分霊を勧請したとする説も)。

サンド山古墳(藤井寺市) ・住宅街の中に残る応神天皇陵陪塚とされる古墳

サンド山古墳2018年12月訪問 サンド山古墳(さんどやまこふん)は大阪府藤井寺市藤ヶ丘にある古墳です。古市古墳群を構成する古墳の一つで、同古墳群最大の古墳である応神天皇陵(誉田御廟山古墳)の北西に広がる藤ヶ丘の住宅地の中にあり、隣にはポケットパークが作られるなど、身近に歴史を感じられる古墳の一つといえます。

同じ住宅街には国の史跡に指定されている蕃所山古墳もありますが、こちらのサンド山古墳は「応神天皇恵我藻伏崗陵へ号陪塚」に治定されています。

歴史と概要サンド山古墳は、古市古墳群で最も大きい応神天皇陵の北西端から250mほど北西にある小さな古墳です。現状は北東と南西の二つの塚からなり、藤井寺市のホームページなどによると長軸長約30m、高さ約3mで、双円墳、あるいは前方後円墳のようにも見えますがかなり改変されているとみられ、もとの大きさや形は不明です。
前出の蕃所山古墳同様に、サンド山古墳も昭和30年代の初め頃までは周囲を田んぼに囲まれた道路わきの小さな塚だったようですが、周辺に藤ヶ丘の住宅地が整備され現在に至ります。
令和元年(2019年)7月6日の第43回世界遺産委員会にて、百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に登録されましたが、サンド山古墳は世界遺産登録リストには入っていません。

高須神社(堺市堺区) ・駅名にもなった鉄砲鍛冶ゆかりの稲荷社

高須神社2018年12月訪問 高須神社(たかすじんじゃ)は大阪府堺市堺区北旅籠町東(きたはたごちょうひがし)2丁にある神社です。戦国時代から江戸時代にかけて、貿易だけでなく鉄砲の産地としても知られるようになった堺の町の北東端にある神社で、その創建には鉄砲も関係しています。

現在では、阪神高速と阪堺電気軌道(阪堺電車)阪堺線に挟まれた公園の隣にある神社、といった印象もありますが、その名は交差点名や鉄道駅(停留所)名にもなっています。

歴史と概要境内にある説明板によると、高須神社の創建は大坂冬の陣後の元和元年(1615年)に鉄砲鍛冶の芝辻理右衛門(しばつじりえもん)が徳川家康から高須(当神社付近)の地を授けられたことに始まります。
芝辻理右衛門は、紀州根来出身の刀鍛冶で日本最初の火縄銃の製作者ともいわれる芝辻清右衛門(妙西)の孫で、名は助延(すけのぶ)、号は道逸。堺の鉄砲鍛冶であった理右衛門は、慶長14年(1609年)に徳川家康から鉄張の大砲を作ることを命ぜられ、砲身一丈(約3m)、口径一尺三寸(約39cm)、砲弾重量一貫五百匁(約5.6kg)の鍛造砲を作りました。
慶長19年(1614年)の大坂冬の陣の際には、急遽1000挺(丁)の火縄銃を製造するように命ぜられますが、これにも応えた理右衛門は家康から高須の地を授けられます。その後 、芝辻家は自らと堺の鉄砲鍛冶の繁栄を願ってこの地に稲荷明神を勧請し当社を創建しました。
明治の末には周辺のいくつかの神社を合祀したようです。

「高須のお稲荷さん」とも呼ばれる高須神社の御祭神は豊受大神、猿田彦命、大宮姫命、大物主命となっていますが、他に多数の境内社も祀られています。

奉建塔(南河内郡千早赤阪村) ・寄付金によって建てられた「楠公六百年祭記念塔」

奉建塔2018年12月訪問 奉建塔(ほうけんとう)は大阪府南河内郡千早赤阪村大字二河原邊(にがらべ)にある記念塔です。これは人々の寄付により建てられた石造りの塔で、大楠公こと楠木正成ゆかりの千早赤阪村の中でも春はサクラ、冬はスイセンの名所としても知られる小高い丘の上にあります。

周辺は楠木氏関連史跡の多い千早赤阪村でも特に中心的な楠公誕生地楠公産湯の井戸建水分神社があるエリアです。

歴史と概要奉建塔は、徳島県の画家である森下白石氏が発起人となり、全国の児童、生徒、教師等より寄せられた寄付金で建てられました。「楠公六百年祭記念塔」とも呼ばれているこの塔は、楠公没後600年である昭和10年(1935年)11月に着工し、昭和15年(1940年)5月15日に竣工しました。
塔の高さは43尺(約13m)ありますが、これは湊川で戦死した時の楠木正成の年齢が43才であったことを表しています。また、菊水の家紋の下に刻まれた「非理法権天(ひりほうけんてん)」という文字には「非は理に勝たず、理は法に勝たず、法は権に勝たず、権は天に勝たず」という意味があり、正成が旗印として用いたという伝承があります。

土師ノ里八幡神社(藤井寺市) ・允恭天皇陵南側に鎮座する澤田村小林の氏神様

土師ノ里八幡神社2020年4月訪問 土師ノ里八幡神社(はじのさとはちまんじんじゃ)は大阪府藤井寺市道明寺町にある神社です。石川西岸の静かな住宅街の中に鎮座する神社ですが、近くには駅があり、交通量の多い国道や府道もすぐそばを走っています。

また、世界文化遺産にも登録された古市古墳群に属する允恭天皇陵(市ノ山古墳)や仲津姫命陵(仲津山古墳)といった大型前方後円墳、さらには道明寺道明寺天満宮といった有名な神社仏閣も周辺にあります。

歴史と概要土師ノ里八幡神社の正確な創建年は不明です。八幡神社ということで御祭神は八幡大神(誉田別命(ほんだわけのみこと)=応神天皇)となっています。現地に由緒記や説明板が無く、詳細はわかりませんが、大阪府神社庁のホームページなどによると、江戸時代初期に1.5kmほど南南西にある誉田八幡宮から御分霊を勧請して創健されたそうです。
土師ノ里八幡神社の周辺には、澤田八幡神社、古室八幡神社、国府八幡神社津堂八幡神社と、多くの八幡神社が氏神として祀られていますが、羽曳野市の壺井八幡宮の御分霊を勧請して創建された国府八幡神社以外は、誉田八幡宮から勧請されたものという説もあります。ちなみに、津堂八幡神社の縁起には同社が松原市の深居神社から分祀されたとあります。

白鳥神社(羽曳野市) ・伊岐宮とも呼ばれた日本武尊を祀る神社

白鳥神社2020年5月訪問 白鳥神社(しらとりじんじゃ)は大阪府羽曳野市古市にある神社です。その社名から羽曳野市と関係の深い日本武尊(やまとたけるのみこと)に関する白鳥伝説を連想させる神社で、実際に周辺には日本武尊の御陵とされる古墳などもあります。

かつては別の場所に鎮座していたといわれる白鳥神社ですが、現在は近鉄古市駅のすぐ東側にあり、周辺ではかつての主要街道である竹内街道や東高野街道が交わるなど古くから南河内エリアの交通の要衝であった場所に鎮座している神社といえます。

歴史と概要白鳥神社の正確な創建年は不明ですが、白鳥神社縁起によると、河内国古市郡古市村の産土神として祀られている当社は、かつて古市村に隣接する軽墓村(現羽曳野市軽里)西方の伊岐谷(いきだに。井喜谷)にあった伊岐宮(いきのみや)が本来の宮であったようです。
伊岐宮はもともと白鳥陵古墳の頂にあったともいわれますが、南北朝時代や戦国時代の戦火により焼失したとされます。その後は峯ヶ塚古墳に小さな祠として再建されましたが、文禄5年(1596年)の「慶長の大地震」で倒壊し、そのまま放置されたそうです。そして江戸時代初めの寛永末期(1640年頃)に現在の地に遷座したと伝えられています。なお、江戸時代には峯ヶ塚古墳が白鳥陵とされていたとも。

旧杉山家住宅(富田林市) ・富田林寺内町最古の古民家で歌人石上露子の生家

旧杉山家住宅2018年10月訪問 旧杉山家住宅(きゅうすぎやまけじゅうたく)は大阪府富田林市富田林町にある古民家です。大阪府で唯一、国の「重要伝統的建造物群保存地区」として選定されている富田林寺内町の中にあり、国の重要文化財にも指定されています。また、現在では市のマンホールの蓋の図案にも取り入れられるなど、富田林を代表する建造物となっています。

江戸時代から昭和初期の町並みが残ることで知られる富田林寺内町でも最古級の町屋建築として、建物にまつわる歴史や文化はもちろん、その大きさや広さ、造りも含めて見どころの多い古民家といえます。

富田林寺内町旧杉山家住宅のある富田林寺内町は、富田林市の中心部にあり、東西約400m、南北約350m、面積約13.3haの範囲内に楕円形に広がっています。内部は東西に7本、南北に6本の街路で区画された近世の町割りを残しており、現在は少しわかりにくくなっていますが周辺よりも一段高い台地上に築かれた町です。
富田林寺内町の歴史は、戦国時代の永禄3年(1560年)に、本願寺一家衆で現在の京都市下京区にある興正寺(こうしょうじ)の第16世・証秀上人が、石川西側の河岸段丘上の荒芝地を銭百貫文で購入し、一向宗(今の浄土真宗)興正寺別院の御堂を建立したことに始まります。上人の指導のもと近隣4ヶ村(中野村・新堂村・毛人谷(えびたに)村・山中田(やまちゅうだ)村)の庄屋株、いわゆる「八人衆」の協力で、芝地の開発、御堂の建立等を行い、町全体を仏法の及ぶ空間、寺院の境内と見なして信者らが生活をともにする宗教自治都市「寺内町」として発展して行きました。