日本武尊白鳥陵古墳(羽曳野市) ・市名の由来でもあるヤマトタケルの御陵

日本武尊御陵

2017年5月訪問
日本武尊白鳥陵古墳(やまとたけるのみことはくちょうりょうこふん)は大阪府羽曳野市の近鉄古市駅の近くにある前方後円墳ですが、学術的には「軽里大塚古墳(かるさとおおつかこふん)」と呼ばれ、別名を「前の山古墳(まえのやまこふん)」ともいいます。

日本武尊白鳥陵というのは、実際の被葬者は不明とされるこの古墳を宮内庁がヤマトタケルの御陵と治定したことから付けられた名称ですが、羽曳野市という市名の由来になったヤマトタケルの伝説とともに広く親しまれています。

170号線(旧道)沿いの竹内街道入口(西向き)

世界遺産登録を目指す古市古墳群

平成29年(2017年)現在、大阪府の南東部、羽曳野市や藤井寺市にまたがる古市(ふるいち)古墳群は、堺市の百舌鳥(もず)古墳群とともに世界遺産登録を目指したキャンペーンを行っているのでニュースで話題になることもあり、知名度も上がっているかと思います。

※令和元年(2019年)7月6日午後に、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録が決定しました


この古墳のすぐ近くに近鉄の古市駅がありますが、古市古墳群にも使われる古市という地名はもともとその近辺の河内国古市郡古市村からきています。周辺には竹内街道や東高野街道といった陸路、石川や大和川といった水路が交わる交通の要衝があり、石器時代から戦国・安土桃山時代までの様々な史跡もあります。

竹内街道を白鳥陵へ。石碑にあった2つの天皇陵は外環状線の更に向こうです。

古市古墳群には前方後円墳、円墳、方墳など合計で123基の古墳があり、一辺10mにも満たない方墳から墳丘長400mを超える応神天皇陵(誉田御廟山古墳)まで様々なタイプの古墳があります。これらの形成時期は4世紀後半から6世紀中葉とされています。

後円部の東側

概要

そんな古市古墳群の南部に日本武尊白鳥陵はあります。全長は約190mで、後円部の径は約106m。高さは約20mあり前方部の幅は約165m、高さ約23mで、古市古墳
群で7番目の大きさです。墳丘は三段築成で前方部を西、後円部を東に向け、くびれ部の両側には造り出しがあります。古墳の周囲には幅約35mの周濠と上面幅21mの堤がめぐらされ、現在周囲はほぼ住宅地になっていて、北辺に接するように日本最古の官道である竹内街道が東西にのびています。街道を西に約200m行くと軽羽迦神社(かるはかじんじゃ)があります。

前方部の西側

主体部や副葬品は不明ながら、昭和56年(1981年)に宮内庁が墳丘崩壊箇所の発掘調査を行ったところ、後円部で列状に並んだ円筒埴輪が見つかり、また外堤部分では家形埴輪や盾形埴輪が発見されたそうです。

中央の住宅の間に拝所が見えます。

前方部の幅が後円部径の約1.5倍もある特徴や出土した埴輪の形状から5世紀後半の築造とされています。拝所は前方部の西側の対岸にあります。

白鳥陵の説明と周辺の史跡の案内が書いてあります。

ヤマトタケルと羽曳野

前述のように、この古墳は宮内庁により日本武尊白鳥陵としてヤマトタケルノミコトの陵墓として治定されていますが、その根拠となったのが記紀などに記されるいわゆる「白鳥伝説」です。
古墳西側にある住宅に囲まれた拝所への入口

ヤマトタケルノミコトは第12代景行天皇の皇子で第14代仲哀天皇の父。古事記では「倭健命」、日本書紀では「日本武尊」と表記され、もとの名は「ヲウス」または「ヤマトヲグナ」と呼ばれていました。九州の熊襲(くまそ)征討や東国の蝦夷(えみし)征討などで数々の伝説を残した日本の古代史上の英雄として有名です。
「白鳥伝説」は古事記と日本書紀で内容の異なる部分もありますが、概要は以下の通りです。
 
ヤマトタケルは東征の帰途、伊吹山(滋賀県)の神との戦いに敗れ、大和国に帰還する途中、伊勢国(三重県)の能褒野(のぼの)で力尽き、その地で葬られます。やがてヤマトタケルの魂は白鳥(当時は白い鳥全般を指したとも)に姿を変え、大和国を目指して飛んで行き、最終的には天に昇って生きました。

この伝説の中で、日本書紀の記述によると白鳥に姿を変えたヤマトタケルの飛行ルートが能褒野→大和琴弾原(ことひきのはら)→河内旧市邑(ふるいちのむら)であったことから、この3箇所に陵墓を築いたとされます。
 
宮内庁による看板

河内の旧市邑(古市村)から再び白鳥と化したヤマトタケルは埴生(はにゅう)の丘に向かって羽を曳くように飛び去ったと言われることから、南大阪町は昭和34年(1959年)1月15日に市制に移行するときに名称を一旦「南大阪市」にした後、即日「羽曳野市」という歴史ロマンあふれる名にしました。
現在も古墳の北東は白鳥(はくちょう)という地名で、踏切を渡ると白鳥神社(しらとりじんじゃ)があります。羽曳野市南西部には埴生野(はにゅうの)という地名も残っています。

西の前方部側にある拝所

また、現在日本武尊の陵墓とされているのは三重県亀山市田村町の能褒野墓(のぼののはか)、奈良県御所市冨田の白鳥陵(しらとりのみささぎ)とこの大阪府羽曳野市軽里の白鳥陵で、現在この陵墓のある3市は姉妹都市となっています。
さらに、現在の陵墓名で皇子の墓に「陵」の文字が使われること、一人に3ヶ所の陵墓が治定されるのは極めて異例なので、「ヤマトタケル」という存在の大きさに改めて驚かされます。

アクセス

最寄り駅は近鉄南大阪線・長野線の古市駅です。駅を出て階段を下り右に曲がり、ロータリーの前の道を少し進むと国道170号線(旧道)と交わる白鳥(はくちょう)交差点に出ます。そこを左折し100mほど進むと右に「仁賢天皇 清寧天皇 日本武尊御陵参拝道」の石碑の立った細い道の入口があります。それが竹内街道なので赤く舗装された住宅街の中の道を約200m進むと左手に大きな濠と木の生い茂った日本武尊白鳥陵古墳が見えます。その先で左に行けば清寧天皇陵、直進して右に曲がれば仁賢天皇陵を参拝できます。

古墳の北西端には「ウォーキングトレイル」と書かれた付近の地図・案内板があります。
拝所へは案内板からさらに100mほど進み(40mほどで左に入る道が近道ですが細いです)、十字路を左折しさらに100mほど歩くと左に「白鳥陵」の矢印が出ているのでその方向へ住宅の間を進むと行けます。

古墳の西側、外環状線との間にある拝所への看板

車では国道170号線(外環状線)の軽里北交差点を東(古市駅方面)へ進み、国道170号線(旧道)の白鳥交差点周辺にいくつかあるコインパークを探し、前述の竹内街道入口を見つける方が分かりやすいかと思われます。

Yamatotakerunomikoto Hakuchouryou(Karusatoohtsuka) Tumulus(Habikino City,Osaka Prefecture)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

コメント

人気の投稿

津堂城山古墳(藤井寺市) ・大阪平野に初めて造られた大型前方後円墳?

敏達天皇陵(南河内郡太子町) ・磯長谷で最初の天皇陵かつ唯一の前方後円墳

赤面山古墳(藤井寺市) ・高速道路の高架下にある国の史跡

応神天皇陵(羽曳野市) ・八幡神の眠る古市古墳群最大の古墳

道明寺(藤井寺市) ・菅公と和菓子と第一次大戦の慰霊塔