スキップしてメイン コンテンツに移動

白鳥神社(羽曳野市) ・伊岐宮とも呼ばれた日本武尊を祀る神社

白鳥神社

2020年5月訪問
白鳥神社(しらとりじんじゃ)は大阪府羽曳野市古市にある神社です。その社名から羽曳野市と関係の深い日本武尊(やまとたけるのみこと)に関する白鳥伝説を連想させる神社で、実際に周辺には日本武尊の御陵とされる古墳などもあります。

白鳥神社(羽曳野市)
白鳥神社(羽曳野市)

かつては別の場所に鎮座していたといわれる白鳥神社ですが、現在は近鉄古市駅のすぐ東側にあり、周辺ではかつての主要街道である竹内街道や東高野街道が交わるなど古くから南河内エリアの交通の要衝であった場所に鎮座している神社といえます。


歴史と概要

白鳥神社の正確な創建年は不明ですが、白鳥神社縁起によると、河内国古市郡古市村の産土神として祀られている当社は、かつて古市村に隣接する軽墓村(現羽曳野市軽里)西方の伊岐谷(いきだに。井喜谷)にあった伊岐宮(いきのみや)が本来の宮であったようです。

伊岐宮はもともと白鳥陵古墳の頂にあったともいわれますが、南北朝時代や戦国時代の戦火により焼失したとされます。その後は峯ヶ塚古墳に小さな祠として再建されましたが、文禄5年(1596年)の「慶長の大地震」で倒壊し、そのまま放置されたそうです。そして江戸時代初めの寛永末期(1640年頃)に現在の地に遷座したと伝えられています。なお、江戸時代には峯ヶ塚古墳が白鳥陵とされていたとも。

現地説明板には以上のように記載されていますが、資料によっては応安元年(1368年)に震災のため廟祠が倒れた、あるいは天明4年(1784年)に現在地に遷座したとするものもあり、白鳥神社の正確な歴史はわかりません。


御祭神は、江戸時代には白鳥大明神、午頭天王(ごずてんのう)、婆利妻女(はりさいにょ=牛頭天王の后とされる神)の三神が祀られていました。現在は日本武尊、素戔鳴命、稲田姫命という表記ですが基本的には同じ神様が祀られています。なお、日本武尊の伝説に因む白鳥信仰(しらとりしんこう)や大鳥信仰は日本中に広まったことから、白鳥神社(しらとりじんじゃ、しろとりじんじゃ)、あるいは大鳥神社(おおとりじんじゃ)と呼ばれる神社は各地にあります。実は大阪府下で日本武尊を主祭神とする神社は少なく、堺市鳳の大鳥大社(大鳥神社)、寝屋川市太秦の熱田神社、松原市別所の熱田神社、そしてこちらの白鳥神社くらいとも。

享和元年(1801年)の河内名所図会(かわちめいしょずえ)には「伊岐宮 誉田の南五町古市村にあり 日本武尊の霊を祀て白鳥明神と称す 古は伊岐谷にあり 後世つひに勧請す 相殿牛頭天皇 婆利賽女を併祭る 此所の生土神とす」とあります。なお、軽墓村の鎮守は字白鳥にあった天照大神社(現在の軽羽迦神社)で、こちらは天照大神などを祀っています。

白鳥神社(羽曳野市)
御祭神・祭礼案内

明治時代に入ると旧社格で村社に列格し、明治41年(1908年)には同じ古市村の字古屋敷にあった式内社の高屋神社を合祀しました。高屋神社は昭和29年(1954年)に古屋敷に再建され遷座しましたが、白鳥神社では現在も高屋神社の御祭神である饒速日命と広国押武金日命(安閑天皇)を祀っています。

大阪府神社庁のホームページでは、白鳥神社は神職不在神社で他の神社が管理している旨は記載されていませんでしたが、普段は神職の方を見かけることは少ないと思われます。年中行事時などに御朱印をいただいた方もおられるようです。

交通の要衝古市

白鳥神社の鎮座する古市は古代からの交通の要衝でした。周囲には古市古墳群最大の規模を誇る応神天皇陵をはじめとした巨大古墳が多数あり、古市の中心部を日本最古の官道である竹内街道が横断しています。東には石川が流れ、西には運河ともいわれる古市大溝が造られました。さらに平安時代には京から高野山に向かう東高野街道も賑わいをもたらしたと思われます。

明治以降では、鉄道が敷かれ古市駅が出来、後に富田林方面や橿原神宮方面などへの分岐点となり、さらには国道170号も開通し現在でも多くの人が行き交う町となっています。

ちなみに、古市駅は明治31年(1898年)に河陽鉄道の終点として開業しましたが、当寺は現在地より200mほど南にありました。昭和44年(1969年)に竹内街道が横切る古市1号踏切北側、つまり現在の白鳥神社西隣りに移転しました。

白鳥神社(羽曳野市)
歴史街道の説明板

江戸時代に勧請された白鳥神社のそばには、当時の主要道路だった2つの街道、すなわち南に竹内街道が東西に、東に東高野街道が南北に走っており、その交差点「簑の辻」の北西にこの白鳥神社が鎮座しています。

当社から竹内街道を東に進めば石川があり、その先は近つ飛鳥を経て大和へと向かい、西へ進めば白鳥陵古墳(軽里大塚古墳)軽羽迦神社があります。一方の東高野街道を北に進めば誉田八幡宮応神天皇陵、少し離れて碓井八坂神社が、南に進めば安閑天皇陵や高屋神社があります。

白鳥神社(羽曳野市)
「勝ち守り」の案内

鎮座地の古市は、明治の初めまでは古市郡古市村でしたが明治22年(1889年)に誉田村、碓井村、軽墓村を吸収合併。明治29年(1896年)に所属郡が南河内郡になり、大正5年(1916年)には古市町となります。当時の白鳥神社鎮座地は南河内郡古市町大字古市字北町となっおり、かつての古市村や古市町の中心はこの白鳥神社周辺だったようです。昭和31年(1956年)には高鷲町、埴生村、西浦村、駒ヶ谷村、丹比村と合併して南大阪町が発足。そして昭和34年(1959年)に南河内郡南大阪町が市制施行して南大阪市となり、即日改称して羽曳野市となりました。

日本武尊の白鳥伝説と深い関わりのある羽曳野市には、「白鳥」という地名もあります。これは白鳥神社の少し西を通る国道170号(旧道)より西の辺りで、その南西には白鳥陵古墳があります。ちなみに、現在この住所や交差点名に使われる「白鳥」は「しらとり」ではなく「はくちょう」と読みます。

祭礼

白鳥神社では7月の夏まつり、10月の秋まつりなど年間を通じて様々な祭祀が執り行われます。とくに10月は地車(だんじり)が出る「古市だんじり祭」があり多くの人で賑わいます。当社に宮入りするのは東町、西町、南町、北町、中之町、堂之内町の古市六町。

境内

現在、白鳥神社への入口は駅からすぐに参拝できる南側の竹内街道からの参道がメインのようになっていますが、社殿が向く東側には長い直線の参道と一の鳥居、二の鳥居があるので本来はこちらが正面で、白鳥神社は街道からの長い表参道を持つ神社といえます。

白鳥神社(羽曳野市)
一の鳥居

東高野街道沿いには石造りの一の鳥居があり、その少し先には社号表があります。東高野街道からは、住宅街の中を全長約200mの真っ直ぐな参道が白鳥神社まで続いているのがわかります。

白鳥神社(羽曳野市)
二の鳥居

市立古市小学校の横を通り西に進むと二の鳥居前に着きます。なお、小学校前には御神木もあります。

白鳥神社(羽曳野市)
鳥居手前を左に行くと竹内街道

二の鳥居から階段を上ると境内に上がれますが、鳥居の手前を左に進むと境内を通らずに南の竹内街道側の参道途中とつながっています。

白鳥神社(羽曳野市)
「白鳥宮廣前」と彫られた燈篭

東高野街道からの参道の先にある石段を上ってくると大きな一対の石燈籠があり、その先の広場の奥に拝殿が見えます。

白鳥神社(羽曳野市)
境内から南を望む

燈籠の間を抜け拝殿前の広場に出て左を見ると手水舎があり、さらに南の竹内街道から続く参道が見えます。

白鳥神社(羽曳野市)
手水舎

手水舎には手水鉢と井戸があります。

白鳥神社(羽曳野市)
竹内街道からの参道

南側の竹内街道からの参道は竹内街道沿いの古市駅東広場の隣にあります。こちらの参道は短く、右に「伊岐宮」、左に「白鳥神社」と刻まれた注連柱が立っています。なお、白鳥神社南側の街道沿いにある古市駅東広場には近年観光案内所が作られ、古市古墳群や神社仏閣をはじめとした様々な羽曳野市内の観光情報を得ることが出来ます。

白鳥神社(羽曳野市)
南側参道から見た境内

南側からの参道は階段ではなく石畳のスロープ状になっています。

白鳥神社(羽曳野市)
拝殿内部

社殿は奥の本殿の外観がはっきり見えないものの権現造のように見え、手前の拝殿は割拝殿となっています。

白鳥神社(羽曳野市)
幣殿奥の本殿

拝殿からは幣殿の奥に本殿がかすかに見えます。右手の壁には「古市地車祭 宮入り順番」が掲示されています。

白鳥神社(羽曳野市)
「伊岐宮」の扁額

拝殿の中、本殿側には「伊岐宮」と書かれた立派な扁額が掛けられています。

白鳥神社(羽曳野市)
楠木正行の奉納絵

また、拝殿内の左手には昭和4年(1929年)1月に奉納された「博愛仁義 楠勢渡辺橋畔に敵の傷病兵を救ふ」と書かれた絵が掲げられています。これは楠木正行が正平2年(南朝)/貞和3年(北朝)(1347年)の住吉・天王寺の戦いの後、退却時に溺れて逃げ遅れた敵兵を助けて手当をし、さらに衣服を与えて敵陣へ送り帰したという逸話を表したものです。この渡辺橋での出来事は、父である正成が敵味方関係なく戦死者を弔った「寄手塚・身方塚」と並んで楠木父子のまさに「博愛仁義」の精神を現した逸話といえます。

白鳥神社(羽曳野市)
拝殿北側にある境内社

拝殿に向かって右側には境内社が集まっています。まず最初の鳥居には「白長大明神」の額が掲げられています。白長はやはり「はくちょう」でしょうか。

白鳥神社(羽曳野市)
白長大明神

最も手前にある朱色の白長大明神の鳥居をくぐると、さらに白長大明神前の数基の鳥居が並んでいます。

白鳥神社(羽曳野市)
白長大明神

白長大明神は朱色の鳥居がたくさん奉納されていることから稲荷神を祀っているようです。

白鳥神社(羽曳野市)
白長大明神左手の参道

白長大明神の最初の鳥居の左手、白鳥神社拝殿との間から短い参道を抜けると、白長大明神の背後に白龍大神と白玉大明神が並んで鎮座しています。

白鳥神社(羽曳野市)
白龍大神

まず、左側に鎮座しているのが白龍大神です。

白鳥神社(羽曳野市)
白玉大明神

そして右側にあるのが白玉大明神です。

白鳥と関係するのか、こちらの境内社は全て「白」から始まるのが興味深いです。

白鳥神社(羽曳野市)
百度石

白鳥神社ではだんじり祭りがあるためか、拝殿前の広場は平らで広く、石造物などは境内の端の方に配置されているようです。神社でお馴染みの百度石は、東の鳥居から境内に上ったところに建つ大きな石燈籠の北側にあります。

白鳥神社(羽曳野市)
境内の南西側

境内は周りより高い位置にあり、境内の西側は社殿と森になっていますが、木々の間からは下の方に近鉄線の駅や電車も見えます。

白鳥神社(羽曳野市)
境外の南東にある忠魂碑?

白鳥神社の前身の伊岐宮は峯ヶ塚古墳の上にあったともいわれていますが、現在の白鳥神社も古墳の上に鎮座しているとの説もあります。境内が円形であるのは前方後円墳の後円部の墳丘上に建てられたからという説で、前方部は現在の古市駅周辺の開発の際に取り壊されたともいわれています。


古市の白鳥神社は数奇な運命を辿りましたが、秋のだんじり祭りでは賑わうなど現在も古市の産土神として大切にされていることが窺える神社でした。

アクセス

近鉄南大阪線・長野線「古市」駅の東出入口南側から国道166号(竹内街道)を東に60mほど進み、古市駅東広場の東側に建つ注連柱をくぐると短いスロープ状の参道が続いています。

白鳥神社の正面である一の鳥居から参拝する場合も、同様に「古市」から竹内街道を東に進み、約400m先の交差点(古市六町蓑の辻会館の角)を左折します。そこから130mほど先の左側に一の鳥居があります。

白鳥神社(羽曳野市)
古市駅東広場から見た白鳥神社(奥の森)

車で参拝する場合、白鳥神社に駐車場はありませんが、すぐ近くに市営古市駅東駐車場というコインパーキングがあります(有料)。しかし、神社付近の竹内街道は東から西への一方通行のため、西から行く場合は国道170号(旧道)の「白鳥」交差点から北東(土師ノ里方面)へ約500m(「白鳥北」交差点からは約220m)進み右折します。踏切を越え300mほど進むと右側にコインパーキングがありあます(小学校の向かい)。このコインパーキングのそばに二の鳥居があります。

Shiratori Shrine(Habikino City,Osaka Prefecture)


にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ

コメント

このブログの人気の投稿

丹上菅原神社(堺市美原区) ・菅原道真公を祀る旧丹上村の氏神様

丹上菅原神社2020年4月訪問 丹上菅原神社(たんじょうすがわらじんじゃ)は大阪府堺市美原区丹上にある神社です。現在では、多くの車が行き交う美原ロータリーや美原ジャンクションといった交通の要衝の近くにありながら、普段は地元の人々しか通らないような静かな住宅地の中に鎮座しています。

一方で、かつての丹南藩の陣屋跡や黒姫山古墳、式内社の櫟本神社丹比神社といった歴史的なスポットも1km前後の距離にあります。

歴史と概要丹上菅原神社には由緒書きや説明板も見当たらず、正確な創建年は不明です。現在の鎮座地の住所は堺市美原区丹上ですが、明治時代までは河内国丹南郡丹上村だったため、当記事では美原区に今も数社ある菅原神社と区別するため「丹上菅原神社」としています。ちなみに、旧丹上村から2kmほど北北東南には旧丹下村がありました(現羽曳野市恵我之荘。日吉神社があります)。
御祭神については、菅原神社であることから菅原道真公、つまり天神様です。郷土史や大正時代に刊行された「大阪府全誌」にも他の御祭神の記載はありません。
当社の鎮座地周辺はもともと河内国丹比郡に属しており、平安時代中期の承平年間(931年~938年)の源順(みなもとのしたごう)によって記された「和名類聚抄」の中に河内国丹比郡丹上郷とあります。平安時代の後期に丹比郡は丹北郡と丹南郡に分かれ、さらに丹北郡から八上郡が分けられ、この辺りは丹南郡に属することになり明治の初めまで河内国丹南郡丹上村と呼ばれていました。
明治22年(1889年)に丹南郡の丹南村、丹上村、真福寺村、大保村、今井村が合併し、改めて丹南郡丹南村が発足。明治29年(1896年)には所属郡が南河内郡となりました。当時の菅原神社鎮座地は南河内郡丹南村大字丹上字西山となっています。昭和31年(1956年)、丹南村は黒山村、平尾村と合併して南河内郡美原町となりますが、翌年に美原町大字丹南が松原市に編入されました。美原町は平成17年(2005年)に堺市に編入され堺市美原区となり現在に至ります。

明治時代の地図を見ると、今とほぼ同じ場所に鳥居のマークがあることから当社は丹上の産土神だったと思われますが、当時は丹上集落の西の外れの田畑の中にある神社だったようです。
明治時代に入ると旧社各制度で村社に列格しましたが、明治40年(1907年)11月23日に隣村である真福寺の式内社、櫟本神社…

深居神社(松原市) ・平野区南東部から藤井寺市北西部にかけてのかつての総産土神

深居神社2020年7月訪問 深居神社(ふかいじんじゃ)は大阪府松原市小川にある神社です。現在は大和川の南、グラウンドの隣にある小さな神社という印象ですが、かつては大和川の北側にまで及ぶ広範囲の土地の総産土神だったという歴史を持つ神社でもあります。

鎮座地は4つの高速道路をつなぐ松原ジャンクションのすぐそばにあり、中央環状などの交通量の多い道路も近くを走っていますが、神社周辺は静かな環境となっています。

歴史と概要境内に掲げられた由緒記などによると、深居神社は奈良時代の養老元年(717年)の創建と伝えられ、御祭神は第15代応神天皇である品陀別命(ほんだわけのみこと)が祀られています。通常は立入禁止となっている本殿の周辺は、古墳の墳丘を思わせるマウンドとなっているようで、昭和10年(1935年)には境内からも2つの須恵器が見つかっていることから、深居神社は古墳時代にこの小川に地に影響力を持った有力者の古墳上(跡)に建てられたとも考えられています。
深居神社があるのはかつての河内国丹北郡小川村で、鎮座地はその集落の北西に位置しています。小川村は明治22年(1889年)に丹北郡大堀村、別所村、一津屋村、若林村と合併して恵我村となり、明治29年(1896年)には所属郡が中河内郡に変更。当時の深居神社の住所は中河内郡恵我村大字小川字馬場脇となっています。昭和30年(1955年)になると恵我村は松原町、天美町、布忍村、三宅村と合併して松原市が発足しますが、昭和39年(1964年)にかつての若林の村域の内、大和川右岸の北若林地区が八尾市に編入(現八尾市若林町)され現在に至ります。
現在は小川地区の産土神として祀られている深居神社ですが、かつては小川だけでなく、川邊(現大阪市平野区長吉川辺)、若林(現松原市若林)、大堀(現松原市大堀)、津堂(現藤井寺市津堂)まで含めた広範な地域の総産土神でした。しかし、元弘から建武にかけて(1331年~1335年頃)の兵乱により深居神社は衰微し、各村に分祀されたようで、それ以降は小川村一村の産土神となりました。深居神社より分祀された川邊村の川辺八幡神社、若林村の若林神社、大堀村の大堀八幡神社、津堂村の津堂八幡神社の御祭神も同じ品陀別命が祀られています(川辺八幡神社は石清水八幡宮、津堂八幡神社は誉田八幡宮の分霊を勧請したとする説も)。

サンド山古墳(藤井寺市) ・住宅街の中に残る応神天皇陵陪塚とされる古墳

サンド山古墳2018年12月訪問 サンド山古墳(さんどやまこふん)は大阪府藤井寺市藤ヶ丘にある古墳です。古市古墳群を構成する古墳の一つで、同古墳群最大の古墳である応神天皇陵(誉田御廟山古墳)の北西に広がる藤ヶ丘の住宅地の中にあり、隣にはポケットパークが作られるなど、身近に歴史を感じられる古墳の一つといえます。

同じ住宅街には国の史跡に指定されている蕃所山古墳もありますが、こちらのサンド山古墳は「応神天皇恵我藻伏崗陵へ号陪塚」に治定されています。

歴史と概要サンド山古墳は、古市古墳群で最も大きい応神天皇陵の北西端から250mほど北西にある小さな古墳です。現状は北東と南西の二つの塚からなり、藤井寺市のホームページなどによると長軸長約30m、高さ約3mで、双円墳、あるいは前方後円墳のようにも見えますがかなり改変されているとみられ、もとの大きさや形は不明です。
前出の蕃所山古墳同様に、サンド山古墳も昭和30年代の初め頃までは周囲を田んぼに囲まれた道路わきの小さな塚だったようですが、周辺に藤ヶ丘の住宅地が整備され現在に至ります。
令和元年(2019年)7月6日の第43回世界遺産委員会にて、百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に登録されましたが、サンド山古墳は世界遺産登録リストには入っていません。

誉田八幡宮(羽曳野市) ・応神天皇陵に隣接する八幡神社

誉田八幡宮2016年10月訪問(2018年12月追記) 誉田八幡宮(こんだはちまんぐう)は大阪府羽曳野市誉田にある神社で、主祭神は八幡神である応神天皇です。すぐ北隣には、堺市の仁徳天皇陵(大仙陵古墳)に次ぐ全国第2位の規模を誇る巨大古墳で、当社の主祭神である応神天皇の陵墓とされる応神天皇陵(誉田御廟山古墳)があります。

※令和元年(2019年)7月6日午後に、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録が決定しました。

この辺りは大和国から河内国に流れ込んだ大和川と南河内から流れてきた石川の合流点の程近くにある古代からの交通の要衝で歴史の舞台にも度々登場してきます。そんな場所に鎮座する当社は古墳時代から奈良、平安、鎌倉、室町、戦国、江戸といった各時代の有名人もかかわった歴史ある神社です。


高須神社(堺市堺区) ・駅名にもなった鉄砲鍛冶ゆかりの稲荷社

高須神社2018年12月訪問 高須神社(たかすじんじゃ)は大阪府堺市堺区北旅籠町東(きたはたごちょうひがし)2丁にある神社です。戦国時代から江戸時代にかけて、貿易だけでなく鉄砲の産地としても知られるようになった堺の町の北東端にある神社で、その創建には鉄砲も関係しています。

現在では、阪神高速と阪堺電気軌道(阪堺電車)阪堺線に挟まれた公園の隣にある神社、といった印象もありますが、その名は交差点名や鉄道駅(停留所)名にもなっています。

歴史と概要境内にある説明板によると、高須神社の創建は大坂冬の陣後の元和元年(1615年)に鉄砲鍛冶の芝辻理右衛門(しばつじりえもん)が徳川家康から高須(当神社付近)の地を授けられたことに始まります。
芝辻理右衛門は、紀州根来出身の刀鍛冶で日本最初の火縄銃の製作者ともいわれる芝辻清右衛門(妙西)の孫で、名は助延(すけのぶ)、号は道逸。堺の鉄砲鍛冶であった理右衛門は、慶長14年(1609年)に徳川家康から鉄張の大砲を作ることを命ぜられ、砲身一丈(約3m)、口径一尺三寸(約39cm)、砲弾重量一貫五百匁(約5.6kg)の鍛造砲を作りました。
慶長19年(1614年)の大坂冬の陣の際には、急遽1000挺(丁)の火縄銃を製造するように命ぜられますが、これにも応えた理右衛門は家康から高須の地を授けられます。その後 、芝辻家は自らと堺の鉄砲鍛冶の繁栄を願ってこの地に稲荷明神を勧請し当社を創建しました。
明治の末には周辺のいくつかの神社を合祀したようです。

「高須のお稲荷さん」とも呼ばれる高須神社の御祭神は豊受大神、猿田彦命、大宮姫命、大物主命となっていますが、他に多数の境内社も祀られています。

千代田神社(河内長野市) ・菅公を祀る天神さんと江戸にちなんだ地名

千代田神社2018年7月訪問 千代田神社(ちよだじんじゃ)は大阪府河内長野市市町(いちちょう)にある神社です。鎮座地は河内長野市北部、国道170号(旧道)や近鉄長野線の線路から少し西、富田林市との境から南に300mほどの距離で、境内にはたくさんの木々があり、周辺は静かな住宅街となっています。


「菅原神社」とも呼ばれるこちらの神社は、その名の示す通り学問の神様「天神さん(=菅原道真)」を祀っており、秋のだんじり祭り以外にも近年は「天神祭(てんじんさい)」というイベントを開催するなど地域の人々と密着した神社ともいえます。

※今回の訪問時は7月の「天神祭」直前の準備中で、普段は無いステージやテントが写っています。また、9月の台風21号では多数の倒木や建物の被害があったそうなので、一日も早い復旧をお祈りいたします。



歴史と概要 千代田神社の正確な創建年は不明です。主祭神は菅原道真公ですが、他に天児屋根命、底筒男命、蛭子命、足仲津彦命(仲哀天皇)、気長足姫命(神功皇后)、稲田姫命も祀られています。また、末社として皇太神社、八幡神社、戎神社があります。