スキップしてメイン コンテンツに移動

建水分神社(南河内郡千早赤阪村) ・金剛山の鎮守かつ楠木氏の氏神

建水分神社

2016年3月訪問
大阪府で唯一の村、南河内郡千早赤阪村にある建水分神社(たけみくまりじんじゃ)。地元では水分神社(すいぶんじんじゃ)とも呼ばれ親しまれています。

主祭神は天御中主神、天水分神、国水分神、罔象女神、瀬織津媛神で、金剛山の鎮守、そして楠木正成で有名な楠木氏の氏神でもあります。近くには大楠公生誕の地や産湯の井戸、資料館などの楠木正成関連史跡や施設があり、更にその周辺の山々には下赤坂城、上赤坂城、千早城といった太平記の戦跡などがあります。

建水分神社(南河内郡千早赤阪村)
建水分神社(南河内郡千早赤阪村)

歴史と概要

建水分神社の創建は、崇神天皇5年(紀元前92年)とされ、延長5年(927年)にまとめられた「延喜式神名帳」に河内国石川郡9座の内の1つ、小社と記載される式内社です。

もともと現在地の100mほど北の水越川のほとりに鎮座していましたが、南北朝時代に兵火にかかり荒廃。建武元年(1334年)に後醍醐天皇の勅令を受けた楠木正成により現在地に遷座、再建されました。中世には織田信長の河内国攻略時に境内は焼き討ち、社領も没収され一時衰退しましたが、後に豊臣秀吉が社領を寄進し復旧されました。

建水分神社(南河内郡千早赤阪村)
駐車場はこの坂を少し上った左側にあります。

明治6年(1873年)の社格制定の際に付近18ヶ村の総鎮守、産土神の故もって郷社に列格されました。更に明治40年(1907年)に神饌幣帛共進社に指定、氏子区域内十七の神社を合祀したのち、大正2年(1913年)に府社に昇格しました。


また、戦前教育において史上随一の忠臣として日本国民の模範とされた楠木正成公を御祭神とする南木神社を祀り、楠木氏の氏神である当社には多くの人々が参詣しました。神社近くには当時に関連する楠木正成公生誕地の碑や奉建塔(現在はスイセンの丘としても有名)などもあります。
 
●大楠公殉節地である湊川神社の記事はこちら →湊川神社(神戸市中央区) ・大楠公の忠義を今に伝える

建水分神社(南河内郡千早赤阪村)
説明板

祭礼

毎年10月には、秋の収穫を建水分大神の恩恵として感謝祝慶する秋祭があります。この秋祭では、御神霊が神輿で神社から1km弱下にある通称「比叡前(ひえのまえ)」と呼ばれる御旅所へ神幸し、そこに千早赤阪村、河南町、富田林市の氏子地区から20台近くのだんじりが集まり宮入するので、その景観は南河内随一といわれています。また、だんじりの舞台上では、上方芸能の原点とも云われる「河内にわか」と呼ばれる即興の寸劇が奉納上演されます。

比叡前には御旅所古墳と御旅所北古墳という古墳があります。

境内

建水分神社は金剛山と葛城山の間にある水越峠を通る国道309号線沿いに入口があり、バス停も近いですがそこには鳥居が無く石灯籠が入口の目印です。若干坂道を上った広場には拝殿へ向かう石段の前の鳥居と摂社である南木神社の鳥居があります。

建水分神社(南河内郡千早赤阪村)
この建物の手前に駐車スペースがあります。

建水分神社と南木神社の2つの鳥居の間には手水舎があり、坂を上ってきた右には現在休憩所となっている旧絵馬堂があります。

建水分神社 休憩所(旧絵馬堂)(南河内郡千早赤阪村)
現在は休憩所になっている旧絵馬堂

建水分神社 休憩所(休絵馬堂)(南河内郡千早赤阪村)
休憩所(休絵馬堂)の内部

旧絵馬堂の前は広場になっていて2つの鳥居が目に入ります。左が建水分神社の鳥居でその先には拝殿への石段があります。右は摂社で大楠公を祀る南木神社の鳥居です。


建水分神社(南河内郡千早赤阪村) 摂社南木神社
左の鳥居が建水分神社、右の鳥居が南木神社
建水分神社 鳥居
拝殿へ向かう石段

建水分神社
鳥居と鳥居の間にある手水舎

戦艦金剛と「艦これ」

第二次世界大戦時の日本海軍の戦艦金剛の艦内神社には当社の祭神が勧請されていたので、大阪に寄港した時は艦長以下多くの乗組員が参拝したといわれています。

建水分神社
趣のある石段を上れば拝殿です。

また、戦艦金剛を擬人化しキャラクターも登場するゲーム「艦隊これくしょん(艦これ)」人気によりブログやSNSなどで建水分神社に触れられることもあるようです。ちなみに海上自衛隊の護衛艦こんごうの艦内神社には金剛山山頂に鎮座する葛木神社が祀られています。

建水分神社
通常の参拝はここまでしか進めません。

建水分神社
拝殿奥の石段の上に本殿があります。

摂社 南木神社

国道から参道を上り拝殿に向かう大鳥居前の広場の右手には摂社である南木神社(なぎじんじゃ)があります。大楠公と呼ばれる楠木正成公を奉る神社としては最古のもので、摂社としては破格の官幣社建築に準じた設計となっています。

建水分神社(南河内郡千早赤阪村) 摂社南木神社
南木神社の鳥居

建水分神社(南河内郡千早赤阪村) 摂社南木神社
南木神社鳥居横にある石碑

建水分神社(南河内郡千早赤阪村) 摂社南木神社
摂社である南木神社も立派な造りです。

アクセス

近鉄長野線富田林駅から金剛バスで水分神社口停留所が最寄となります。また水分停留所からも国道309号線を大阪方面に下ると(三叉路を府道27号線に入らないように注意)左手に見えます。

車の場合、大阪方面からは国道309号線を奈良県御所市方面に向かい、道の駅かなんを越えて神山南交差点を右折し道なりに約2kmで右手にあります。御所市方面からは国道309号線で水越峠を越え大阪方面へ。グロワールゴルフ倶楽部入口を過ぎて500mほど下ると府道27号線との分岐の標識が見えるので国道309号線の森屋へ斜め左に折れると左手に神社入口があり、少し坂を上ると左側に駐車場があります。

なお、タクシーや地元の人に尋ねる場合は「すいぶんじんじゃ」と言った方が伝わりやすいようです。

Takemikumari Shrine(Chihayaakasaka Village,Osaka Prefecture)


にほんブログ村 歴史ブログへ

コメント

このブログの人気の投稿

赤面山古墳(藤井寺市) ・高速道路の高架下にある国の史跡

赤面山古墳2018年12月訪問 赤面山古墳(せきめんやまこふん)は大阪府藤井寺市古室2丁目にある古墳です。小さな古墳ながら、藤井寺市と隣の羽曳野市に跨る古市古墳群を構成する古墳の一つに数えられているばかりか、国の史跡にも指定されています。


この古墳は、古墳ファンの間では結構な知名度があり、この辺りの古墳巡りではコースに含まれることも多いそうです。その理由は古市古墳群に含まれていることや史跡に指定されていること以外にあるようです。

狭山神社(大阪狭山市) ・狭山池の南にあり池より古い式内社

狭山神社2017年1月訪問 狭山神社(さやまじんじゃ)は大阪府大阪狭山市半田にある神社です。日本最古のダム式ため池である狭山池の南、南海高野線「金剛」駅のすぐ西にある式内社で、旧社格は郷社です。

初詣や七五三をはじめ、1月10日の戎祭では1石2斗(約216リットル)分の餅まきが行われ、10月の祭礼にはだんじりが出るなど今も地元の人々の生活に密接に関わっている神社といえます。

九品寺(御所市) ・千体地蔵尊や秋の紅葉・彼岸花で知られる寺院

九品寺2018年11月訪問 九品寺(くほんじ)は、奈良県御所市大字楢原にある寺院です。宗派は浄土宗で山号は戒那山(かいなさん)。本尊は阿弥陀如来となっていて、境内や裏山に「千体石仏」や 「千体地蔵尊」と呼ばれる数多くの石仏があることで知られています。


葛城山麓の奈良県側、森林と田畑の境目辺りの田園風景が広がる長閑な地域に所在し、すぐ北西には駒形大重神社、少し南には葛城一言主神社が鎮座しています。



歴史と概要 九品寺の正確な創建年については不祥ですが、言い伝えによると奈良時代の僧、行基によって開かれたと言われています。行基は生涯を通じ民衆救済のための布教活動を行い、同時に灌漑や港湾施設建設といった土木工事、そして僧尼院建設に心血を注いだ僧として知られています。聖武天皇の御代、東大寺の大仏造営にもかかわり、その大仏建立の功績によって日本初の大僧正となっています。

現在の九品寺の所在地は御所市大字楢原という地名ですが、中世には御所城主であった楢原氏の菩提寺でした。御所市の観光ガイドによると、南北朝の戦乱期、楢原氏は南朝に味方していた楠木正成(大楠公)のため一族を引き連れて参戦しましたが、その戦いに赴く時に、一族は身代わりのために石仏を彫って九品寺に奉納したのが、今に伝える千体石仏だそうです。

その後、室町時代後期(戦国時代)の永禄年間(1588年から1570年)に、観誉弘誓(かんよぐぜい)により浄土宗に改められました。


九品寺という寺院は全国にいくつかありますが、御所市観光ガイドなどによると、仏教での「九品」という意味は、「布教でいう上品・中品・下品で、人間の品格をあらわしています。上品の中にも上中下があって中品や下品にもそれぞれ上中下があります。全部で九つの品があるので九品と名づけられています。」とのことです。

特に浄土教では同じ極楽浄土へ往生するにも、9つのパターンがあるとされていて、俗にいわれる「上品(じょうひん)」や「下品(げひん)」の語源との説もあります。

境内 葛城山系東側の麓に沿って御所市内を南北に走る山麓線(奈良県道30号)沿いには多くの神社仏閣がありますが、こちら九品寺も参拝するには通常山麓線からになります。


山麓線から山に向かって100mほど入ると、前方少し右手に九品寺の山門が見えて来ますが、この山門前を南北に通っている細い道が葛城古道(葛城の道)です。


千代田神社(河内長野市) ・菅公を祀る天神さんと江戸にちなんだ地名

千代田神社2018年7月訪問 千代田神社(ちよだじんじゃ)は大阪府河内長野市市町(いちちょう)にある神社です。鎮座地は河内長野市北部、国道170号(旧道)や近鉄長野線の線路から少し西、富田林市との境から南に300mほどの距離で、境内にはたくさんの木々があり、周辺は静かな住宅街となっています。


「菅原神社」とも呼ばれるこちらの神社は、その名の示す通り学問の神様「天神さん(=菅原道真)」を祀っており、秋のだんじり祭り以外にも近年は「天神祭(てんじんさい)」というイベントを開催するなど地域の人々と密着した神社ともいえます。

※今回の訪問時は7月の「天神祭」直前の準備中で、普段は無いステージやテントが写っています。また、9月の台風21号では多数の倒木や建物の被害があったそうなので、一日も早い復旧をお祈りいたします。

大山咋神社(藤井寺市) ・交通の要衝で大和川を鎮める神

大山咋神社2019年10月訪問 大山咋神社(おおやまぐいじんじゃ)は大阪府藤井寺市船橋町にある神社です。鎮座地は大和川に石川が合流する地点の南西にあり、周囲は古くからの街並みを残すエリアです。この地は現在の住所では藤井寺市の北東端で、大和川、石川を渡れば中河内地域になります。


大山咋神社前の道を真っすぐ西に行くと式内社の黒田神社がある他、1km圏内には志貴懸主神社国府八幡神社といった神社、さらには国府遺跡允恭天皇陵(市ノ山古墳)といった歴史スポットもあります。



応神天皇陵(羽曳野市) ・八幡神の眠る古市古墳群最大の古墳

応神天皇陵2018年7月訪問 応神天皇陵(おうじんてんのうりょう)は大阪府羽曳野市誉田にある前方後円墳で、考古学的には「誉田御廟山古墳(こんだごびょうやまこふん)」または、「誉田山古墳(こんだやまこふん)」とも呼ばれてます。国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産への登録も有力視される百舌鳥・古市古墳群の中でも最大級の応神天皇陵は、古市古墳群最大の古墳で、堺市の百舌鳥古墳群の仁徳天皇陵(大仙陵古墳)に次ぐ全国第2位の規模の巨大古墳として有名です。

※令和元年(2019年)7月6日午後に、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録が決定しました


国道170号(外環状線)や近鉄線からも見ることのできるこの応神天皇陵の北側には宮内庁書陵部の古市陵墓監区事務所が置かれており、歴史ファンにとっても古市古墳群、さらには南河内の古墳、特に天皇陵を巡る旅の起点となる重要な古墳といえます。



歴史と概要 応神天皇陵が築造されたのは古墳時代中期の5世紀前半と考えられており、実際の被葬者は明らかではありませんが、宮内庁により「惠我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)」として第15代応神天皇の陵に治定されています(応神天皇の陵としては別に、堺市の御廟山古墳が「百舌鳥陵墓参考地」として治定されています)。

古市古墳群最大の古墳で、その形は前方後円墳となっています。なお、古市古墳郡の中での規模ランキングでは、以下仲姫命陵(仲津山古墳・藤井寺市)、仲哀天皇陵(岡ミサンザイ古墳・藤井寺市)允恭天皇陵(市ノ山古墳・藤井寺市)と続きます。

墳丘は三段に積み重ねられ、斜面には一面に石が葺かれていますが、現在は樹木で覆われているため山のようにも見えます。その大きさは墳丘長約425m、後円部直径250m、後円部高さ35m、前方部幅300m、前方部高さ36m、濠や堤も入れた最大長は700m前後あります。当古墳は、墳丘長486mとされた仁徳天皇陵に次いで大きさでは2番目ですが、古墳を築造したときに使用した土の量は約143万立方メートル(ダンプカー17万台相当)にものぼり、大仙古墳を上回り1位とされています。

しかし、平成28年(2016年)度の宮内庁の三次元測量調査で仁徳陵の墳丘長が525mに訂正されたことや、応神陵の規模についても諸説あり、今後この順位も変わるかもしれません。


地図や航空写真を見るとよくわ…